ギャップトレート(Gap Trade)

ギャップトレード(Gap Trade)とは、前日価格と当日始値との価格差を利用したトレードのことです。ギャップトレードを最初に導入したのはラリー・ウィリアムズと云われています。(ラリー氏はウップスシグナルと名付けています。)前日終値より高く寄り付くことをギャップアップ(逆をギャップダウン)といい、前日高値を下回る(上回る)ことで、売り(買い)建玉を保有する短期売買手法です。

典型的なデイトレード手法と各テクニカル指標を組み合せたセットアップ

典型的なギャップトレード による日計り売買のセットアップ①
・前日安値を下回って寄り付いた後、前日の安値を上抜けたことで上昇傾向が続いたパターン。
・前日高値を上回って寄り付いた後、前日の高値を下抜けたことで下降傾向が続いたパターン。

典型的なギャップトレード による日計り売買のセットアップ②

ボリンジャーバンド+ギャップトレードのセットアップ
前日高値とボリンジャーバンド2σ上限を上抜けて寄り付いた後、前日の高値を下抜けて下落。

<注意>
上記でご紹介した売買手法は元本を保証するものではありません。商品先物取引は証拠金による取引であり、元本及び利益が保証されるものではなく、投下資金の数十倍以上の額の取引を行うものであるため、相場等の変動、あるいは海外情勢や相場等の指標の変動により投下資金以上の損失が生じることがございます。

新規口座開設

お取引ログイン

NSNETログイン

YutakaNavi

キャンペーン

情報ツール

ゆたかCXアプリ
グーグルプレイ
アイチューン
<携帯サイトのご案内>
QRコード 携帯電話からもいつでも情報をチェック
モバイルツール

このページのトップへ▲