ピボット分析

ピボット(PIVOT)はRSIやパラボリックで有名なJ・W・ワイルダー・Jrによって考案されたテクニカル指標です。前日の高値・安値・終値の三つの価格データから、ピボット(回転軸)を中心に振幅すると仮定して、当日のサポート(支持)やレジスタンス(抵抗)となりそうなところを推測する手法です。

ピボット算出

前日価格の高値・安値・終値を入力後、[ 計算 ]ボタンを押すと、PIVOTが計算されます。

前日価格
高値 安値 終値

HBOP
レジスタンス2
レジスタンス1
PIVOT
サポート1
サポート2
LBOP

 <計算式>

ピボットの計算式

 

ピボットの活用方法および概念図

逆張りでの見方
・価格がサポート1/サポート2に到達または接近して買い仕掛け
・価格がレジスタンス1/レジスタンス2に到達または接近して売り仕掛け

順張りでの見方
・価格がHBOPを上抜けた場合は上昇波のトレンドモードに入ったと考えて、買い仕掛け
・価格がLBOPを下抜けた場合は下降波のトレンドモードに入ったと考えて、売り仕掛け

※PIVOT分析はあくまでもデイトレード時に目安として活用する指標であり具体的な売買サインではありません。

<概念図>

<注意>
上記でご紹介した売買手法は元本を保証するものではありません。商品先物取引は証拠金による取引であり、元本及び利益が保証されるものではなく、投下資金の数十倍以上の額の取引を行うものであるため、相場等の変動、あるいは海外情勢や相場等の指標の変動により投下資金以上の損失が生じることがございます。

新規口座開設

お取引ログイン

YutakaNavi

キャンペーン

情報ツール

ゆたかCXアプリ
グーグルプレイ
アイチューン
<携帯サイトのご案内>
QRコード 携帯電話からもいつでも情報をチェック
モバイルツール

このページのトップへ▲