ロールリバーサル (Roll Reversal)

ロールリバーサル (Roll Reversal)とは、何度か抑えられていた抵抗線(支持線)を突き抜けることで、その抵抗線(支持線)が支持線(抵抗線)に変わる現象のことをいいます。壁となっていた抵抗線(支持線)が強いほど、突き抜けた後のロールリバーサルは信頼度が高まると云われています。
ロールリバーサルの活用法としては、単体で分析することもできますが、ほかのテクニカル分析による抵抗ライン・支持ラインと合わせて分析することで信頼度が高まります。

ロールリバーサルと各テクニカル指標の組み合わせによるセットアップ

移動平均線+ロールリバーサル のセットアップ
移動平均線が抵抗として機能していたレンジ上限を上抜けた後、同水準がサポートとして機能し、ロールリバーサルを形成して上昇。

一目均衡表先行スパン雲+ロールリバーサル のセットアップ
サポートラインを下抜けた後、同水準で一目均衡表先行スパン雲上限が抵抗として機能し、ロールリバーサルを形成して下落。

フィボナッチ・リトレースメント+ロールリバーサル のセットアップ
直近高値(サポート)とフィボナッチ・リトレースメントの50%押しポイントの水準がサポートゾーンとして機能しロールリバーサルを形成して上昇。

<注意>
上記でご紹介した売買手法は元本を保証するものではありません。商品先物取引は証拠金による取引であり、元本及び利益が保証されるものではなく、投下資金の数十倍以上の額の取引を行うものであるため、相場等の変動、あるいは海外情勢や相場等の指標の変動により投下資金以上の損失が生じることがございます。

新規口座開設

お取引ログイン

YutakaNavi

キャンペーン

情報ツール

ゆたかCXアプリ
グーグルプレイ
アイチューン
<携帯サイトのご案内>
QRコード 携帯電話からもいつでも情報をチェック
モバイルツール

このページのトップへ▲