PC版トレードツール

サヤ取引

サヤ取引は同一時刻における商品の「限月間」「市場間」「商品間」の価格差に注目した売買方法で、商品先物取引業界でも広く利用されています。ゆたかCX オンラインでは、サヤ取引に適した注文方法「SCO注文」を採用し、お客様にご好評頂いております。

スタンダード・コンビネーション・オーダー  (SCO注文)

Standard Combination Order(SCO)及びSCO(商品間)の発注を行う画面です。

(I)コンビネーション区分
SCOまたはSCO(商品間)の内、発注を行いたい注文を選択します。
注文内容の入力の前にこの区分を選択してください。

■Standard Combination Order(SCO)
同一商品の異なる2限月の鞘価格(期近限月・期先限月)を指定して1注文として発注できる売買注文です(同一商品の限月間スプレッド取引)。
期近注文が「売り注文」であれば指定鞘価格以上で約定し、「買い注文」であれば指定鞘価格以下で約定します。
具体例は以下の通りです。

▼Standard Combination Order
スプレッド価格(期近-期先)は、順鞘の商品については「-」価格となり、逆鞘の商品については「+」価格となります。
①順鞘の例
「金2017年4月限/金2017年8月限」を「-30円」で1枚売る。
→ スプレッド価格「-30円」で、「金4月限を1枚売り、金8月限を1枚買いたい」。
②逆鞘の例
「白金2017年4月限/白金2017年8月限」を「+200円」で5枚買う。
→ スプレッド価格「+200円」で、「白金4月限を5枚買い、白金8月限を5枚売りたい」。

 

 

サヤ気配値を同時に表示

取引画面の画面分割機能を利用して、サヤ気配値を見ながらサヤ取引の発注ができます。

新規口座開設

お取引ログイン

NSNETログイン

YutakaNavi

キャンペーン

情報ツール

ゆたかCXアプリ
グーグルプレイ
アイチューン
<携帯サイトのご案内>
QRコード 携帯電話からもいつでも情報をチェック
モバイルツール

このページのトップへ▲